亚洲手机在线人成视频

<pre id="xxplh"><strike id="xxplh"><strike id="xxplh"></strike></strike></pre>
<p id="xxplh"></p>

      <track id="xxplh"></track>

      <th id="xxplh"><nobr id="xxplh"><menuitem id="xxplh"></menuitem></nobr></th>

      <sub id="xxplh"></sub>

          <pre id="xxplh"></pre>

          <track id="xxplh"></track>
          ?

          協立化學産業株式會社

          • 製品
          • 実績紹介
          • 技術情報
          • 協立化學産業について
          • お問い合わせ

          観察

          非接觸3次元表面形狀測定機

          干渉縞によって微細な表面を計測

          干渉縞によって微細な表面を計測

          白色干渉法により、表面の粗さ、段差、寸法情報を3次元表面性狀データとして測定することが可能な裝置です。

          硬化収縮応力による被著材の変形解析、硬化膜の表面構造解析に利用しています。

          ページトップへ戻る

          TEM(透過電子顕微鏡)

          構造解析と組成分析と立體構造解析

          構造解析と組成分析と立體構造解析

          フィールドエミッション型のTEMで、高い輝度とビームの安定性を活用することで原子レベルの構造解析から元素分析までを行うことが出來ます。

          獨立基礎の専用のTEM室に設置してあり、長周期振動はデジタル制御のアクティブ除振臺でカウンターをかけてキャンセルしています。元素分析用にEDS(energy dispersive X-ray spectrometry)とインカラム型のEELS(Electron. Energy-Loss Spectroscopy)を搭載しており、重元素から軽元素までストレスなく解析することが可能です。3Dトモグラフィー測定システムも備えており、高分子や接著界面の立體的な高次構造解析も行っています。

          関連リンク

          ページトップへ戻る

          ハイスピードカメラ

          衝撃による部材の変形や樹脂の破壊など一瞬の動きを記録

          衝撃による部材の変形や樹脂の破壊など一瞬の動きを記録

          ハイスピードカメラ(高速度カメラ)は短時間の現象を高速撮影して、スローモーションで観察する特殊なカメラです。

          衝撃試験時の材料の変形や破壊の様子、ディスペンサー等による高速塗布時の液滴の挙動など、肉眼では捉えきれない現象を理解することができます。

          ページトップへ戻る

          OCT(光コヒーレンストモグラフィ)

          非接觸?非侵襲で斷層を撮影

          非接觸?非侵襲で斷層を撮影

          光コヒーレンストモグラフィ(Optical Coherence Tomography: OCT)は近赤外光を用いた斷層イメージング技術です。

          リアルタイムの2D OCT畫像、3D OCT畫像が得られ、樹脂のクラックなどが非破壊で分析できます。

          関連リンク

          ページトップへ戻る

          亚洲手机在线人成视频

          <pre id="xxplh"><strike id="xxplh"><strike id="xxplh"></strike></strike></pre>
          <p id="xxplh"></p>

              <track id="xxplh"></track>

              <th id="xxplh"><nobr id="xxplh"><menuitem id="xxplh"></menuitem></nobr></th>

              <sub id="xxplh"></sub>

                  <pre id="xxplh"></pre>

                  <track id="xxplh"></track>