亚洲手机在线人成视频

<pre id="xxplh"><strike id="xxplh"><strike id="xxplh"></strike></strike></pre>
<p id="xxplh"></p>

      <track id="xxplh"></track>

      <th id="xxplh"><nobr id="xxplh"><menuitem id="xxplh"></menuitem></nobr></th>

      <sub id="xxplh"></sub>

          <pre id="xxplh"></pre>

          <track id="xxplh"></track>
          ?

          協立化學産業株式會社

          • 製品
          • 実績紹介
          • 技術情報
          • 協立化學産業について
          • お問い合わせ

          営業 K.A氏

          本気、そして達成へ。

          新卒として入社して6年目になります。 大學時代は、量子化學を専攻しており、NMRを用いた新しい分析手法等に取り組んでいました。しかし就職活動をはじめてみると、開発職で學部生を採用する企業はあまりありませんでした。

          そんな折に、協立化學産業の営業は技術に関わるとの説明を聞き、一貫して會社に攜われることに魅力を感じました。また、協立化學産業は液晶テレビで必要とされている“ODFシール剤”を世界ではじめて量産化を成功させた技術を持っており、中小企業でありながら、今の液晶テレビ市場を築き上げる技術力をもっていることに驚いたことは今でも覚えています。

          営業 K.A.氏

          入社~6年目の今

          入社後、半年間の研修を経て、私自身も希望していた、ODFシール剤を扱う部署に配屬されました。

          ODFシール剤は専門的な知識が求められるため、半年間は先輩のお客様への同行訪問にて勉強させていただき、2年目より國內のお客様を任せてもらえるようになりました。

          今日では國內のお客様と、中國のお客様を月2回程度の出張にて中國現地法人のメンバーと同行しながら、技術的なフォロー及び社內調整を行っています。さらに、スマートフォンに使われる周辺部剤としてOCR(ディスプレイとカバーガラスを貼り合せする材料)やOLEDに使われるフレキシブル部材に採用される材料も扱うようになりました。

          お客様への本気、そして達成

          私が最初に任されたお客様は、當社があまり関わりのない新規顧客の位置づけに相當するお客様の為、少ない人脈から広げていく必要がありました。ですがその擔當者は非常に厳しい方でしたので、細やかな電話、メールの返信は30分以內、必要あればフットワーク軽く訪問する等、徹底してお客様から本気だな!と思ってもらえるような対応を心がけました。

          これに伴い開発者との調整も求められるので、時には自ら手を動かし、開発者と共にお客様への対応を進めたこともありました。お客様や開発者とのディスカッションがスムーズに出來るように、隙間時間を見つけては、市場、技術トレンドを商社の方や、外部資料や先輩方の日報を読み込むことで把握することを習慣化しました。時間はかかりましたが、採用してもらう際に、「他社の営業はここまでしてくれない」「協立化學はうちの會社のことを考えてくれている」と言われた時の、達成感は忘れられません。

          営業 K.A.氏

          これからも大切に思うこと。

          営業としてお客様中心に考えていかければならないと思っています。しかし、社內の狀況等を考慮した際に、どうしてもバランスを考えてしまうことがあります。

          そんな時、お客様はもちろん、社內のみなさんに対しても「禮儀」を持って接することは大切だと思っています。それぞれの立場で何が難しいか?何を求めているか?を理解した上での対応こそが「禮儀」だと思っています。

          亚洲手机在线人成视频

          <pre id="xxplh"><strike id="xxplh"><strike id="xxplh"></strike></strike></pre>
          <p id="xxplh"></p>

              <track id="xxplh"></track>

              <th id="xxplh"><nobr id="xxplh"><menuitem id="xxplh"></menuitem></nobr></th>

              <sub id="xxplh"></sub>

                  <pre id="xxplh"></pre>

                  <track id="xxplh"></track>