亚洲手机在线人成视频

<pre id="xxplh"><strike id="xxplh"><strike id="xxplh"></strike></strike></pre>
<p id="xxplh"></p>

      <track id="xxplh"></track>

      <th id="xxplh"><nobr id="xxplh"><menuitem id="xxplh"></menuitem></nobr></th>

      <sub id="xxplh"></sub>

          <pre id="xxplh"></pre>

          <track id="xxplh"></track>
          ?

          協立化學産業株式會社

          • 製品
          • 実績紹介
          • 技術情報
          • 協立化學産業について
          • お問い合わせ

          製造責任

          製品の生産?品質の統合管理

          顧客に提供する製品の安全、品質の確保は、企業活動の最優先課題の一つであります。
          協立化學では、顧客満足の向上をめざして、社內対応プロセスから見直された安定供給體制を構築することで、様々なリスクに応じた対策を講じています。

          製品供給(製造)―統合管理システム

          統合管理システムが、製品供給における様々な管理項目を統合的に管理するシステムを基盤に、製品供給の品質の向上を図っています。

          品質向上

          原材料受入検査

          製品の一定品質を保つために、獨自の原材料受入検査基準?項目を設定。

          原材料受入検査

          分析?解析

          品質異常の迅速解析と新材料分析手法の提案を行う分析機器を導入。

          分析?解析

          ページトップへ戻る

          生産管理

          秤量システム

          電子天秤とサーバを連攜させバーコード管理を併用することにより、原料の配合ミスを防止。また、使用原料レベルでのトレースが可能。

          秤量システム

          生産工程

          秤量システムに基づく製造工程管理と高純度製品製造のための作業環境管理を導入。

          生産工程

          資材管理

          業務用PDAとバーコードシステムをつなぐことでPDAによるリアルタイムでの資材管理を実施。

          資材管理

          ページトップへ戻る

          安定供給

          免震構造

          近年発生數を増している大型地震による製造拠點の被災は、現地施設だけにとどまらず被災地域外の生産活動をも停止させる事態へと発展します。
          當社では研究?製造拠點に免震構造を取り入れることで仮に大きな震災に見舞われても従業員の安全と安定した生産を守り、すべてのお客様に製品を安定して供給できる體制を整えています。

          免震構造

          自家発電

          事業所運営や製品の安定した生産には安定した電力の供給が欠かせません。一方で昨今は電力の安定供給に不安があり、事業の安定継続に対するリスク要因となっています。
          當社では萬が一電力の供給不足により停電が発生した場合でも、研究?製造を擔う事業所全體が平常通りの稼動を維持することが可能な出力の自家発電設備を備えることで安定した生産の維持が可能です。

          自家発電

          製品保管

          製品に応じた保管環境とバーコードを使用した入出庫管理を実現。スピーディかつ確実な製品保管を実現。

          製品保管

          ページトップへ戻る

          亚洲手机在线人成视频

          <pre id="xxplh"><strike id="xxplh"><strike id="xxplh"></strike></strike></pre>
          <p id="xxplh"></p>

              <track id="xxplh"></track>

              <th id="xxplh"><nobr id="xxplh"><menuitem id="xxplh"></menuitem></nobr></th>

              <sub id="xxplh"></sub>

                  <pre id="xxplh"></pre>

                  <track id="xxplh"></track>